スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日のトラウマ

10月のちょっと寒くなりかけた土曜日
毎週「いつ行こうか?」と迷っていた。
この病気に気づいたとき(まだ確定はしていなかったが)
近所の外科に行った。

胃腸科と外科になっているので普通に行って見た。
まさかこんな病気とは思わなかったから
一人でとぼとぼ出かけていった。

名前を呼ばれ診察室に入り触診をして
医者の表情が険しくなった。
今でもあのときの光景は焼きついている
まるで悪い物を触ったかのように
いいようのない感じ

仕事に行っている夫にすぐに公衆電話で話した
「胸にしこりがあって今○○にいるんだけれど
他の大きい病院紹介されたから」
そこまではわりと冷静に言えた。

お昼過ぎていた時間だった


家に戻りネットで調べているうちに
恐ろしさがこみ上げてきた。
「もう生きられないんじゃないか」と
怖くて堪らなかった。

今でも土曜日に一人でその外科の近くを
通ると思い出してしまう
あれから1年8ヶ月経っているんだけどな

怖くて二度とそこには行かれない

一人でこの病気で病院に行くのも
まだ数回しか出来ない。
どうしようもないわがままな私


風邪や歯医者、整形外科は普通に行かれるんだけれどね



スポンサーサイト

地図PageTop今日の夕飯は

Comment

pumiちゃん
そうだよね
トラウマから抜け出せないけれど
少しずつ進んでいるのかな
焦らずいきますか

こんにちは!

なんか、わかります…v-7

あの頃の記憶を、消し去ろうとしている自分がいるようで…
このトラウマからは、なかなか逃げ出せないですよね…v-12

はむうしさんそうですよね
普通に時間は過ぎているけれど
私のところだけ違うような気がして

冷静だったりするんだよね

自分のことではないと思っていたような

もう嫌ですね

明るくいきましょう

姫ひめさんなぜか鮮明に焼きついている
思い出したくないけれど

これから楽しいこといっぱい
計画していこうね

kotaさんすごいね
私は何もできなかった
ただわりとちゃんと考えているところもあって
センターに変えようと思った

切れば終わりじゃないんだよね
これから続くいろいろなこと
怖くてたまらないよね

負けてしまわないように
ゆっくり乗り越えていきましょうね

パトさん 先生が良い人でよかったね
そういう先生ならみんなに
検診を進められるよね

ほんとに苦い思い出
思い出したくもなかったけれど
書いちゃった

anntimonyさん
昔とっても悲しい思いを
したことがあって
その時って涙は出なかった
ただ訳もなく歩き続けていた
目的もなく

しばらく時間が経ち
涙があふれ出た

涙は出なくても心の痛みは
大きいよね

やっちさん、こんばんは。
昨年の6月14日。告知日。その日のうちに手術日を確保しておき、術前検査もすませて帰宅。
どうやって帰宅したのか、記憶は白紙。夫にメールしたことまでは覚えているけど。
私だけ周囲の時間と空間から切り離されたという
感覚だけは覚えています。

トラウマ

辛い時の事って鮮明に覚えていますね
その時の風景や流れてた曲
それを思い出す度に辛い記憶も思い出されます

これからは一杯楽しい事があると良いですね

今の方が 怖いです。

私、なぜか乳がんでは死なない自信が・・あった。
ほとんど?すべて?自分でこなした。

でも、時間がたつほど怖さは増すわね^^;

こんな自分に最近 イライラ気味。
いつになっても 解放されないのかしら・・i-195

哀しい場所

私は特に意識はしてなかったけど、最初に告知された病院の近くへは行っていません。
でも先生がとてもイイ感じだったので、救ってもらった場所って感じもあって。
友人にも検診はそこをすすめています。

でも苦い思いでは蘇るかな、やっぱ。
告知翌日細胞診の消毒のために歩いた景色は忘れません。
ギュ~ンとくるなぁ。

やっちさん
ありがとう。
そうかもしれない。

antimonyさん涙も出ないときってあるよ
いっぱい辛かったんだね。
あまりのショックで出ないときもあるよね
それからだんだん出て来るんだ。

antimonyさん変わっていないよ




こんばんは!
私は、検査する勇気がなくて、針がこわくて、医者と押し問答しました。
で、検査したら結果が曖昧で手術室で細胞切除1時間かかってした。これが、部分麻酔でたいへんで。。。
その間にもうわるいって自分で納得してしまって。
涙もでなかったの。かわってるよね。

daisyさんそうですね
あの時って自分じゃないかもって

その場では人事のように
冷静で時間が経つと
ポロポロ涙が出て
気がおかしくなっちゃいそうだった

こんばんは。
私もどうやって帰ったかあんまり覚えてないです~。
涙をこらえながらフラフラしてバスに乗っていたような。。。
告知当時のことを思い出させるようなこと、場所には
できるだけふれたくないですよね。
あんな思いは1度で十分。。。

右京さん私もどうやって帰ったか
覚えていないの

確かスーパーによって
訳もなく買い物したのかも

あんな経験二度としたくないですよね

ぶげままさん最初に行ったところってすごく思い出されますよね
毎日同じ所通っているのだけど土曜日だけは特別に思っちゃう

暗いよね。

私もそうですよ

最初にマンモで検査し、
私一人だというのに笑いながら告知した医師のいた病院。
前を通るのもいやです。
その通りは、なるべく通らないようにしています。

そこから、家にどうやって帰ったのか
未だに記憶がないんですよね~。

こんばんは!

私も最初の確定した個人病院の前を通ると
胸がきゅーんとなります。
「ステージⅢだって!」
とぶげ夫に電話した時
「で、ステージってなんぼまであんのん?」
「さ~~あ。すぐ切れないってよ~。」
といいながらエンエン泣きました。
あれから丸一年です・・・

く、暗いわね。
(* ̄m ̄)プッ

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://yatti1256.blog64.fc2.com/tb.php/125-b72a292d

プロフィール

やっち

Author:やっち
ようこそ!

FC2カウンター

                       

フリーエリア

無料 アクセス解析RMT

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

フリーエリア

はなちゃんアナログ時計

最近の記事

最近のコメント(コンパクト)

データ取得中...

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

可愛いらんきんぐ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。